~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

中学受験をすると決めたのが小学3年の冬だった我が家。バタバタと入塾テストの準備をしました。小さい頃から「私は中学校行かないよ!」と言うような娘でしたので、前塾でもなんとなく勉強をしている状態でした。

6年生になる直前に開講したリベラ進学塾へ通うことにしたのは、そんな娘にしっかりと向き合っていただける先生と環境だと感じたからでした。娘の性格を考慮したうえで丁寧にご指導いただきました。講義以外の時間も塾で自習をさせていただき、仲間と切磋琢磨しながら大切な時期を過ごすことができました。

娘は志望校に合格でき、ここからがスタートではありますが、この一年苦しみながらも先生や仲間と頑張った経験は、娘にとって大きな財産です。受験が近づき、点数が伸び悩んだ時期には娘にだけでなく、焦りを感じる私たちへもお気遣いいただきました。本当に先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

算数は得意だが、国語は苦手なうちの子は、塾で作成して頂いた国語のよく出る問題などをくり返しくり返し解いていました。

また得意な算数もミスのない様に落ち着いて問題を解く様に先生方に指導して頂き見事合格を手にすることができました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

娘が合格できたのは、上間先生はじめ松田先生のご指導のお陰だと心から感謝しております。

転塾前は分からない問題もなかなか質問できず、成績も伸び悩んでいましたが、先生の優しいお人柄に娘も心を開き、分からないことは自分から質問できるようになりました。

6年生のスタートは5年生の算数のやり直しからで非常に厳しい状況でしたが、授業前後、授業のない日でもお時間を作ってくださり、分かるまで丁寧に指導して下さいました。

最後の最後まで見放さず、精神面でもサポートしていただき感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以前、詰め込み式の塾に通っていましたが、うちの子には合わず途中でリタイヤしてしまいましたが、リベラ進学塾に変えてからは、わからない問題も先生が優しく教えてくれ、また個別対応もして頂いたので、見事合格をつかみとることが出来、先生方には感謝しております。また、緊急事態宣言中や火曜日はオンライン授業をして頂き、コロナ対策もばっちりでした!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

息子が中学受験に挑戦したいと言い出したのは五年生になるすこし前のことでした。本人は将来なりたい職業が見つかったので大学に行きたいから、という理由だったようですが、親にとっては寝耳に水。なぜなら当時息子はほぼ不登校、特殊支援学級や外部のスクールにお世話になっている状態で、受験とは無縁な生活を送っていたからです。そこで塾探しを始め、五年生から通いだして一年もちろん苦労しましたが、六年生になっても中学受験の意思はかわらなかったので、上間代表がオープンしたリベラ進学塾に転塾し頑張ることになりました。
最初から比較的スムースにスタートを切ることができました。それは塾の勉強する雰囲気やスタイルが本人に合っていたからだと思います。少人数の授業で、一人だけ置いて行かれることが少なく、宿題も丁寧にみて下さいました。またオンライン授業では、質問が多かった問題の解説をする日もあれば(授業中に挙手してまで聞きづらいことも、このスタイルだと質問しやすかったようです)、事前に配付した問題を皆で解いて解説をして頂くなど、臨機応変に行われていました。もちろんコロナ休校のときはオンラインの強みを生かされており、子供たちも無理なく参加できるようになっていました。少人数のよさは塾全体の雰囲気にもあらわれており、クラスの子は「ライバル」というより「戦友」のような感じでお互い励ましあっており、小学校には馴染みにくかった息子も塾の友達に会うのが楽しみだったようです。迎えの時間になっても、お友達と談笑してなかなか帰れないこともありました。(笑)

とはいえ、毎日問題なく楽しく勉強できていたわけではもちろんありません。宿題が難しくこなすのが精一杯だったこともありますし、親の都合でゆっくり宿題や演習の勉強をみてやれないことも度々ありました。やってはいるのに点数に繋がらず本人のモチベーションが下がってしまう時期もありました。しかしそのような状態のときも先生方が一人ひとりの状況を把握し、宿題を増減したり相談に乗って下さいました。例えば、本人の苦手科目は国語でとくに読解は点数が全然とれませんでしたが、志望校の出題傾向に近い良問を先生が厳選して下さったので効率よく自宅で学習することができ、かなり克服することができました。また社会はテキスト以外のオリジナルのプリントが毎回のように配付され、授業の内容がとてもわかりやすくまとめられていたので復習に大変役立ちました。調子のいいときも悪い時もありましたが、先生とお友達と頑張っているあいだに、夏から受験前には偏差値が16も伸びていました。前述した通り息子は不登校に近い状態であったので、内申を評価する中学校の合格は難しく、最終的に第一志望の学校には手が届きませんでした。しかし宮崎日大中に特待生として合格を頂いた時には塾だけは頑張ってきた結果が出せ本当に嬉しかったです。

保護者である私自身の話になり恐縮ですが、自分自身も中学受験経験者でした。当時の厳しい塾は暴言暴力は当たり前で、先生が怖いので必死で勉強し、かろうじて志望校に合格はしましたがいつも「自分はできない人間だ、合格もまぐれだ」という自信のない状態が続きました。息子が塾に通いたいと言ったときは、かつての自分のように頑張ったはずなのにかえって自信を無くしてしまうようなことだけは避けたいと思いました。今日、暴力をふるうような塾は皆無でしょうが、いまだにテストの度に席順を変えるような過度な競争をしたり、「中学受験に失敗したら人生終わりだと思え」などと指導している塾も少なくないようです。それが子供に合っていれば問題ないと思いますが、せっかく中学を目指して勉強しているのに自己肯定感が低下していては本末転倒だと思います。もちろん人生に挫折や失敗もあり、競争は避けられないと思いますが、中学受験は決してゴールではなくあくまでも通過点にすぎません。結果はよいに越したことはありませんが、過程と、頑張ったその先にもっと大切なことがあるということを肌で感じ体感できたこの一年は、私たち親子にとってほんとうにかけがえのないものとなりました。
最後の最後まで丁寧に指導して下さった先生方には感謝しかありません。ありがとうございました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

上間先生、松田先生、大変お世話になりました。先生方の温かいご指導と励ましの声に支えられ無事に受験を終えることができました。ありがとうございました。この経験を忘れず、次の中学でも新たな目標に向かって進んでほしいと思います。そして、先生方へその成長が見せられる様、頑張ってほしいと思います。リベラ進学塾のみなさん、合格おめでとうございます。目標に向かって、最後まで諦めずに頑張る姿はとても感動しました。本当にお疲れ様でした。中学でも頑張ってください。ありがとうございました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

中学受験をするには遅いスタートでしたが、上間先生、松田先生のおかげで最後までやり抜くことができました。オンライン授業を取り入れ、算数の強化をしてくださったり、体調をくずしてお休みした時もプリントを届けてくださったり、面談ではアドバイスをしてくれたり、感謝しかありません。

1年間お世話になりました。ありがとうございました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・